駆除の流れ

子育て中

蜂の巣を駆除してくれる専門業者を探す、一番簡単な方法はインターネットで検索することです。また、地域によっては行政が紹介してくれる場合もあります。

依頼する流れは、まずは問い合わせを行い調査訪問があります。そして見積もりを出してもらい、検討して内容と料金に納得すれば契約して実際に駆除を行ってもらい支払いを済ませます。

戻って来たハチが巣を探すことがあるかもしれませんが、同じ場所にハチが巣を作ることはないと言われています。

どのくらいの料金がかかるのか
駆除にかかる料金は、種類や作業する場所によって異なります。相場は10,000円前後から40,000円程度となっています。また、交通費が追加になることもありますので、事前に見積もりを出してもらうと安心です。

また、地域によっては行政から補助金が出るところもあります。なので、すぐに業者へ依頼するのではなく、まずは行政に相談・問い合わせをすることをオススメします。

業者によっては、同じ場所にまた巣ができた場合には無償で駆除してくれるところもあります。

ハチは身近な害虫
暖かくなると、虫の数も増えて活発に動き出します。そのなかでも、ハチは特に危険な虫のひとつです。刺されてしまった場合、悪くすると死に至るほどの虫なのですが、私たちの身近にいることでも知られています。特に注意が必要なのが蜂の巣です。ハチの種類はスズメバチ、ミツバチ、アシナガバチなどがありますが、どの種類も住宅街の軒下や庭などに巣を作る場合が多いのです。これは田舎に限ったことではなくて、都市部でも見られる現象です。

駆除専門の業者に頼む
蜂のなかでも特にスズメバチは獰猛で毒性が強く、巣を見つけた場合は絶対に自分でなんとかしようと思わないほうが安全です。ミツバチやアシナガバチはスズメバチほどの毒性はありませんが、巣の駆除しようとすると攻撃してくる場合が多いので、注意が必要です。ハチの駆除には高額な料金がかかるのでは、というイメージがありますが、良心的な料金の業者さんもたくさんあります。ハチの種類や巣がある場所、巣の大きさのよって料金が設定されている場合も多いので安心ですね。

人間に害を与える虫

蜂の家

世の中には様々な虫が存在しています。
虫は姿や形や特性がそれぞれ違い、自然界の弱肉強食のルールの中で生きているのです。
多くの虫は人間には害を及ぼすことはありません。
しかし、種類によっては人間の財産、農作物、家畜に被害をもたらす虫がいます。

それらは害虫と呼ばれています。
害虫は人間にとって脅威になる場合があり、現在まで様々な対策をしてきたのです。
特に人間にダメージを与えるのは直接人間を襲う害虫です。
これによってケガや死亡もありうるので注意が必要なのです。

ハチの危険性
数ある害虫の中でも特に注意しなけばいけないのがハチです。

ハチはミツバチのように毒性がそこまで強くない種類もありますが、スズメバチのように非常に強い毒性を持った種類も存在します。

毒性の強い種類になると人間は刺されただけで死亡することもあります。

また、そうでなくても重傷を負い、病院で治療をしなくてはなりません。

このため、ハチには近づかないようにすることとハチを刺激しないことを私たちは子供の時から教えられるのです。

ハチの駆除業者
ハチはそっとしておくのが基本ですが、仮にハチが自分の周囲に巣をつくっていたとなると決して無視はできません。

何かがきっかけとなって人間を襲ってくる可能性もあるからです。

そのような時は料金を払ってでもハチを駆除する専門業者に依頼することです。

ハチの種類や巣の大きさ、巣の数やその場所を連絡すれば即日で対応しています。

また、夜間や休日や祝日に関係なく駆除を行なっているところが多いです。
これは患者が待ってくれないのと同じでハチも待ってくれないことからこのようなサービスを展開しているのです。

ハチが巣を作りやすい場所
ハチが巣を作りやすい場所は、種類によっても異なります。主に、床下・屋根裏・物置・戸袋・天井裏・壁の隙間などといった閉鎖的なところに巣を作るもの、軒下などの開放的なところに巣を作るものがあります。

いずれの場所であっても、歓迎されるものではありません。ハチ一匹一匹を駆除していっても、次々と現れるので巣ごと駆除する必要があります。

しかし素人が簡単にできることではないですし、危険を伴いますので専門業者に依頼するのが安心です。